メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする

JBMAニュース

JBMAに関するニュースや世界のブラインドマラソンのニュースを掲載していきます。

第48回防府読売マラソン第18回日本視覚障がい女子マラソン選手権大会:広報インターン記事

『NWR』(世界新記録)。このアルファベット3文字を刻むには、どれほどの努力が必要なのだろうか。途方もない時間と血のにじむような努力の上にしか達成され得ない偉業が、2017年12月17日生まれた。

朝から小雪が舞い、冷たい北風が吹きつけたこの日、第48回防府読売マラソン兼第18回日本視覚障がい女子マラソン選手権が山口県防府市で開催された。防府市陸上競技場をスタートし、30キロ地点の折り返しを経て再び競技場へと向かう42.195キロ。最大高低差10メートル弱と、アップダウンの少ない走りやすいコースだ。スタート時は気温5℃、北西の風3.9m、湿度46%と、日差しの暖かさは感じられるものの真冬並みの冷え込みで、ランナーにとっては過酷なコンディションであった。総勢3028名のエントリーのうち、IPC公認の部で参加したブラインドランナーは20名。男女ともに来年4月にロンドンで行われるマラソンワールドカップの最終選考レースでもあるため、用意された切符をつかみ取るべく各々が力走を見せた。

写真:女子の表彰式の様子。印象深い道下選手の表情。

その中で圧巻だったのが、昨年のリオデジャネイロパラリンピック銀メダリストの道下美里選手(三井住友海上)だ。地元である山口県で世界記録(2時間58分23秒)更新を目指したという今大会。他のランナーとの接触にも注意が必要な集団走となる入りの5キロは、21分19秒で通過する。「風が強くて押し返され、思ったようなペースに乗せられなかった」(道下)。自身でもそう語ったように強い向かい風の影響もあり、なかなかリズムをつかめない。しかしこれまで様々な大舞台を経験してきた道下選手はここで崩れてしまうことはなかった。1キロあたり4分20秒ほどに落ち込んでいたラップをその後4分10秒前後に上げると、中間点は1時間28分26秒で通過。世界記録更新が優に可能なラインまで浮上する。30キロからの5キロは21分を超えるラップタイムとなったが、フルマラソンで最も苦しいと言われる35~40キロは20分38秒と、この日最も良い記録で驚異の粘り強さを発揮した。リズムに乗った終盤の走りが奏功し、残り350メートルとなる競技場入り口に道下選手が見えたとき、タイマーが示していたのは2時間54分台。世界新記録の誕生が確実になった瞬間だった。ラスト100メートル、最後まで全力を出し切るために他のランナーとの接触を避けられるアウトレーンを走る。最後は伴走者の志田淳さんの手を離れ、勢いよくフィニッシュラインに飛び込んだ。これまでの記録を2分以上更新する、2時間56分14秒をたたき出し、新たな世界記録保持者となった道下選手。「みっちゃんおめでとう!」という声が飛び交う中、涙を浮かべて前半伴走を務めた青山由佳さんと抱き合った。その手にぎゅっと握られていたのは、『絆』と呼ばれる赤いロープ。伴走者と選手の、まさに『絆』がよく表れた光景だった。記録では文句なしに世界の頂点に立った道下選手だが、それでもなお足りないものがある。それはパラリンピックでの金メダル。2020年、東京の地では必ずや表彰台の一番高い場所で輝く、飛び切りの笑顔を見せてくれるはずだ。

視覚障がい男子の部は、大会2週間前の福岡国際マラソンでT12クラス日本歴代2位の好記録である、2時間27分35秒をたたき出した熊谷豊選手(三井住友海上)が優勝を飾った。35キロ地点までは2大会連続の好記録が期待されるペースで走っていたものの、疲労の影響もあってかそこから失速してしまう。最後の2.195キロは8分54秒と苦しい表情を見せたが、前半の攻めの走りが生き、2時間32分12秒でフィニッシュ。福岡国際マラソンから中2週間での参加で、収穫のあるレースとなった。

 

厳しい寒さと強風という難しいコンディションの中での大会であったが、女子選手は8名中5名、男子は代表の切符を争う3、4位同タイムでフィニッシュした山下真治選手(シーズアスリート)、米岡聡選手(三井住友海上)と初マラソンとなった唐澤剣也選手(JBMA)が自己ベストを更新。気象条件に左右されないタフさを証明した。今後選手たちは数回の強化合宿を挟みながら、2月の別府大分毎日マラソン、そして4月のワールドカップへと向かっていくことになる。

写真:初マラソンながら適性を見せた唐澤選手

世界記録を更新した道下選手のみならず、日本のブラインドマラソン全体のレベル向上を感じられた今大会。『NNR』(日本新記録)、『NAR』(アジア新記録)、『NWR』。残り1000日を切った東京パラリンピックまでに、これらのアルファベットを度々目にすることになるだろう。きっと、いや絶対に。

文章・写真 太田萌枝(早稲田スポーツ新聞会)

ページトップ

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.