メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする

JBMAニュース

JBMAに関するニュースや世界のブラインドマラソンのニュースを掲載していきます。

2021世界パラ陸上競技選手権大会、神戸で開催

第10回大会は初の日本開催

日本の神戸市が2021世界パラ陸上競技選手権大会の開催都市に決定したことを発表した。日本での世界選手権開催は初めてとなる。今回で第10回目となり、100か国からおよそ1300人の選手がユニバー記念競技場で競い合う。
収容人数4万5千人の競技場は、夏季ユニバーシアードにあわせて1985年に建設され、2011アジア陸上競技選手権や2012FIFA U-20女子ワールドカップなど、さまざまな国際主要大会の舞台となってきた。
 
世界パラ陸上競技連盟のHaozhe Gao会長は次のようにコメント
「2021世界パラ陸上競技選手権への立候補をまとめるために大変な努力をされた神戸市にお祝いを申し上げます。神戸市が東京2020パラリンピック競技大会のレガシーを継承し、素晴らしい大会を開催してくださると、心から確信しております。東アジアで開催される初の世界選手権となり、同地域におけるパラ陸上競技の発展にとって重要な一歩となるでしょう。大会組織委員会、神戸市、パートナーとともに、大会を成功させることを楽しみにしております」
 
神戸の久元喜造市長は次のようにコメント
「東京2020パラリンピックのレガシーを継承し、パラスポーツの機会をさらに築いて、大会を大成功させたいと思います。選手やスタッフが集中して競技に全力を尽くせるよう、大会準備に積極的に取り組み、努力をしてまいります。さらに、世界選手権の開催により生まれる好機を活用してインクルーシブな街づくりを進め、神戸の魅力を世界に発信していきたいと思います。2021年、世界中からたくさんの人の神戸への訪問を心より歓迎いたします」
前回の世界選手権は、2017年にイギリス・ロンドンで開催され、10日間の大会期間中に33の世界新記録が樹立された。2019年大会は、アラブ首長国連邦のドバイで11月7日から15日に開催予定。
 

 

 

ページトップ

東京2020パラリンピックバナー

カテゴリー

最近のニュース

2019年05月22日
2019ジャパンパラ陸上競技大会:大会エントリー案内
2019年05月21日
第61回東日本実業団陸上競技選手権大会:強化選手コメント
2019年05月20日
第61回東日本実業団陸上競技選手権大会:リザルト
2019年05月17日
第61回東日本実業団陸上競技選手権大会:スタートリスト
2019年05月16日
2019年度 伴走者養成研修会実施要項(東京会場第一回)

月ごと

キーワード検索

トップ

JBMAマーク
JBMA
  • 〒113-0033
  • 東京都文京区本郷2丁目9番8号
    本郷朝風ビル5F
  • TEL&FAX 03-3814-3229
  • アクセスマップへリンク

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.