メニューを飛ばして本文にジャンプ

日本ブラインドマラソン協会

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
大会イベント情報イメージ画像

大会・イベント 結果レポート

JBMAが主催、関連する大会やイベントの結果レポートを掲載しています。

かすみがうらマラソン2022:強化指定選手コメント

マラソン

堀越信司 2:21:21    T12アジア新、自己新            
皆さまの応援・サポートに支えていただいたことで、2時間21分21秒の自己ベストを出すことができました。
序盤は想定より動きが悪く、設定ペースより遅い入りとなってしまいましたが、20k手前から体が動き始め、しっかりペースアップして最後まで押し切ることができました。
パリパラリンピックにも繋がる走りができたと共に、2時間20分切りも射程に入る結果を出せたのではないかと思います。総合順位でも4位に入ることができた点も、良かったと思っています。
しかしながら、世界と戦う上ではさらに力を付けていく必要があるのも事実です。引き続き、さらに強くなるために頑張りますので、今後ともご声援をよろしくお願いいたします。
大変な状況が続く中、地元の皆さまのご理解、関係者の皆さまのご尽力により走る機会をくださり、心から感謝しております。今回の走りが、少しでも恩返しにつながっていれば本望です。
ありがとうございました。

熊谷豊 2:27:32    
かすみがうらマラソンの結果は、2時間27分32秒で、目標の2時間30分よりも2分以上速い記録で走ることができました。
年度初めのマラソンで目標以上に走れ、とても嬉しく思っております。もっと世界ランキングを上げていきたいと思いますので引き続き応援宜しくお願いします。
             
米岡聡 2:45:44    柳澤威臣、井水啓人 自己新    
いつも応援ありがとうございます。
かすみがうらマラソン、何とか自己ベストを更新することができました。
絶対に自己ベスト,あわよくば2時間40分と思い、前半から攻めていったものの、30km過ぎに一度苦しさの山が来て、危うい展開になりましたが,36kmあたりからもう一度持ち直すことができ、何とか自己ベストを更新することができました。
皆様のご支援、ご声援のパワーが背中を押してくれました。本当にありがとうございます。
また次の目標に向けて励んで参りたいと思っています。
今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします。

勝丸真至 2:59:30    森雅敏、落合健太    
約2年ぶりのフルマラソンとなった今回のかすみがうらマラソン。
2020年4月に持病が悪化し急激に視力が落ちてしまい、普段の生活から様々な環境が激変しました。
なかなか思うように練習ができず、苦しい日々が続きましたが、多くの方々に支えられ、なんとかレースをフィニッシュすることができました。
今回サブスリーできなければ、もうランニングはやめようかとも考えていましたが、あきらめず引き続き走り続けていこうと思います。
このような中でも大会開催に尽力いただいた関係者の方々、いつもサポートしていただいている協会の方々、そして普段の練習に協力していただいている
ラン仲間の皆様に感謝申し上げます。

近藤寛子 3:16:33    山口遥
コロナ禍にありながら、開催にご尽力くださった大会関係者の皆様に感謝いたします。
今回は体調があまり良くなくて、直前の調整もいつものように上がっていかなかったのですが、貴重な大会開催、与えられた機会を大切に完走だけはしたいと思いながら、
無理を承知の設定でスタートしました。やはり中間くらいでキツくなり、一時もう走れないと思うくらいペースも落ちたものの、終盤持ち直しどんどんペースを上げて
ゴールすることができました!
全く狙ってはいなかったので、思わぬ優勝のゴールテープを切ることができたことが何より嬉しかったです!
単独伴走の山口遥さんは終始笑顔で楽しそうに伴走しておられたことがリラックスできたように思います。ありがとうございました!
    
西村千香 3:17:46    田端久嗣、庄司彰義
スタートまもなく後方ランナーに激しく押され倒れる寸前を立て直しその後は淡々とリズムを刻みながら走る事に集中できましたが39キロ過ぎに追い抜かれ、
それまではこのままゴール出来ると確信していたのがまさかそんな近い距離で走っていたとは知らずそこから一気にリズムが狂い悔しい結果となりました。
どんな状況になっても冷静な判断をする事が大切だと思い知らされました。
次に向けて日々の様々なトレーニングを無駄にする事なく自分自身と向き合っていきたいと思います。
最後になりますが今大会にあたり運営、サポートくださいました関係者の皆様、沿道で応援くださいました皆様本当にありがとうございました。
    
藤井由美子 3:25:52    前田寛、武田浩志    
故障中のため、今の自分がどれくらい走れるか挑戦するレースでした。
目標ペースには少し届きませんでしたが、皆さんに支えられ、ゴールすることができました。ありがとうございました。
コロナ禍の中、大会を開催してくださった関係者の方々に感謝します。

和木茉奈海 3:34:29    眺野詩、出野ひろみ
3年振りの再開となりました今回のかすみがうらマラソンで自己ベストを目指してスタートしましたが、自分が思い描いていたペースで走る事が出来ずシーズンラストのマラソンで悔しい結果となりました。
今後は気温が高いレースでも粘り強い走りが出来るように、しっかりトレーニングを行い、パワーアップして皆様の前に姿を見せられる様に頑張ります。
沿道から声援を送って頂いた方々には本当にありがとうございました。
また、本大会を開催するにあたり、ご尽力頂いた関係者の方々には重ねて御礼申し上げます。


10マイル

山下慎治  1:01:26    益田聖也
久しぶりの10マイルレースで、また今回は昨年から伴走サポートしていただいている方と初めて大会に挑みました。
順位や記録は満足いく結果ではありませんでしたが、練習とは違い、大会ならではの気づきや課題が見つかったことは今後につながるいい発見でした。
来月トラックレースに出場予定なので、その大会では自己ベスト更新をしたいと思います。

金野由美子 1:13:23    松浦幸雄
別大マラソンが終わり、身体をリセットした後、春から夏に向けてはスピードの強化を目的に、かすみがうらでは10マイルに参加しました。
しかし、3月始めに、不注意により転倒し肋軟骨と膝を負傷してしまいました。
肋軟骨は3週間ほどで治りましたが、膝の痛みが残ってしまい、なかなか思うようなスピード練習ができないままレース当日を迎えました。
レース当日もまだ膝に不安がありましたが、テーピングをしっかりしてスタートしました。
序盤は膝の様子を見ながら走り、後半は徐々にペースを上げて最後まで走り切ることができました。
目標には届きませんでしたが、それに近いタイムで走れて本当に良かったです。
次のレースに向けて、早く故障を治したいと思います。
大会開催にご尽力いただき、参加させていただいたことに心から感謝申し上げます。

青木洋子 1:40:39  高田裕之
3年ぶりに開催されたかすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソンの10マイルに伴走者と出場しました。
体調は万全ではありませんが、久しぶりの大会で走ることができました。
これからも、伴走者、周囲のみなさんの協力を得ながら日々の練習を積み重ねていきたいです。
改めて、大会開催にご尽力いただいた皆さんに、そしていつも応援してくださるみなさんに感謝しています。

ページトップ

東京2020パラリンピックバナー

大会イベント情報

キーワード検索

  • 伴走ガイドのバナー

トップ

トップ

JBMAマーク
JBMA
  • 〒113-0033
  • 東京都文京区本郷2丁目9番8号
    本郷朝風ビル5F
  • TEL&FAX 03-3814-3229
  • アクセスマップへリンク

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.