メニューを飛ばして本文にジャンプ

日本ブラインドマラソン協会

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
大会イベント情報イメージ画像

大会・イベント情報

JBMAが主催、関連する大会やイベントの情報を掲載しています。

第53回防府読売マラソン:選手コメント

男子

高井俊治 1位 2:34:25
今回の防府に向けて8月の北海道マラソンが終わってから3ヶ月間の走り込みを実施し自己記録更新を目指して日々精進致しました。
トレーニング内容的にも順調に走り込みも消化し記録も狙えそうなコンディションに仕上がり前半から攻めの走りで後半崩れてもしっかりとまとめられる自信もありました。
記録的には29kからの折り返しで風速5mの向かい風に苦しみ後半は我慢の展開となりましたが、昨年に続き部門の連覇と最低限まとめることが出来たのではないかと思います。
しかし、自己記録を塗り替える事が出来なかった悔しさもあるので更にトレーニングに励み後半も前半のペースで押していけるように力をつけていきます
沢山の方々のご声援が力になりました、ありがとうございました。

熊谷豊 2位 2:42:22
防府読売マラソンに出場し2時間42分22秒でゴールしました。
怪我の影響で思った通りの内容とタイムではなかったですが、ペースダウンしても最後まで走ろうと思いゴールを目指しました。
今回の防府読売マラソンはパリパラリンピックに関わる重要なレースだったこともあり、最低限の調整をしてきました。
走るからには次に繋がるレースにしようと考え、結果には満足しています。
皆様の応援のおかげで結果が出せたことに感謝しています。サポートと伴走者の皆様にも感謝しています。
ありがとうございました。

米岡聡 3位 2:50:29
いつもご支援ご声援いただき、ありがとうございます。
防府マラソン、前週の試合に続いての連戦で難しい調整でしたが、思い描いた形に近いレースを展開できました。
30km以降は苦しい場面もありましたが、たくさんの応援をいただき、背中を押していただいて、ゴールまで崩れずに走り切れました。
ガイドの二人、大会事務局の皆様、ご支援ご声援いただいた皆様に感謝申し上げます、ありがとうございました。
年明けの別大マラソンでは自己ベスト、さらに上を目指せるよう、取り組んでまいりますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願いします。

山下慎治 4位 2:53:27
今大会はベストコンディションで挑めず、あらためて体調管理と日々の練習の積み重ねが重要だと感じたレース結果でした。
次の大会までにベストコンディションで大会へ挑める身体作りと自己ベストを更新できるような練習をしていきます。

写真1:伴走者交代直後の山下選手、山領ガイド(後半)、吉川ガイド(前半)

 

女子

井内菜津美 1位 3:16:15
大会開催にご尽力くださった皆さん、日ごろから応援・サポートくださっている皆さん、ありがとうございました。
優勝することはできましたが、目標の3時間15分に届かず悔しいです。
昨年に比べて体力・メンタルを強化してきた結果は少しずつ現れてきましたが、
前半からもう少しリラックスして走れるようになることが今後の課題です。
課題を克服して、次回のレースで自己ベストが出せるよう、さらなるトレーニングを行っていきます。
これからも応援よろしくお願いします。

藤井由美子 2位 3:17:32
今シーズン最初の大会で、ここでの目標タイムに近づけられましたが、次の大会への課題も見つけることができました。
また、コロナ禍の中、大会を開催していただいた関係者の方々や寒い中沿道で応援していただいた皆様、ありがとうございました。

西村千香 3位 3:19:06
今回防府マラソンに向けて今まで以上に練習をしてきましたが後半脚が攣り2度止まりなんとか最後まで走ったという結果でした。
厳しい現実を受け止め次に切り替えてトレーニングしていきます。
応援くださいました皆様本当にありがとうございました。

和木茉奈海 4位 3:24:10 自己新
昨年に続きコロナ禍の中大会を開催して頂きました、関係者の方々に感謝申し上げます。
私個人としましては、年内最後のフルマラソンのレースということもあり、自己ベスト大幅更新3時間20分を目標に練習を重ねて挑んだ大会でした。
レース前半は非常に体が軽く思った通りのペースで走ることができました。
35キロ過ぎから2度ほど足が動かなくなるなどアクシデントもありましたが、自己ベストを2分30秒更新してゴールをすることができました。
また、去年の同大会と比べると4分40秒更新することができました。
この結果に満足することなく、今大会で果たせなかった目標を来年以降、更に更新出来るよう、日々の合宿や練習で自分の課題と向き合って、来年は更に成長した姿を見せられるよう頑張ります。
最後に、声援を送ってくださいました方々、ありがとうございました。

写真2:20k地点を走る西村選手(4105)と井内選手(4104)

 

ページトップ

東京2020パラリンピックバナー

大会イベント情報

キーワード検索

  • 伴走ガイドのバナー

トップ

トップ

JBMAマーク
JBMA
  • 〒113-0033
  • 東京都文京区本郷2丁目9番8号
    本郷朝風ビル5F
  • TEL&FAX 03-3814-3229
  • アクセスマップへリンク

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.