メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
大会イベント情報イメージ画像

大会・イベント 結果レポート

JBMAが主催、関連する大会やイベントの結果レポートを掲載しています。

2018ジャパンパラ陸上競技大会:リザルト

T64男子走幅跳でドイツのマルクスレーム選手が8m47cmの世界記録を更新し、ひじょうに盛り上がったジャパンパラ。ブラインドの中・長距離種目でも女子1500mで二人の強化指定選手が日本記録を更新する走りを見せてくれました。
 
以下、種目、クラス、順位、選手名、記録、備考の順で記載します。
 
男子1500m
T11 1位 唐澤 剣也4:19.76
T12 1位 森 雄太4:34.77
T13 1位 立木 勇弥4:44.28
 
女子1500m
T11 1位 井内 菜津美5:36.07 NNR NGR、2位 髙島 洋子6:30.44
T12 1位 安部 遥5:32.33、2位藤井 由美子5:47.28
T13 1位 松本 光代5:18.43 NNR NGR、2位 柏原 未知5:29.87、3位 梶木あや乃5:48.67
 
男子10000m
T12 1位 岡村 正広33:46.13
 
男子5000m
T11 1位 唐澤 剣也16'43"07、2位 加治佐 博昭18'55"16
T13 1位 立木 勇弥18'55"94
 
女子5000m
T12 1位 藤井 由美子21'31"22
T13 1位 梶木 あや乃21'32"36
 
男子800m
T11 1位 加治佐 博昭2'35"54
 
女子800m
T11 1位 中 麻3'30"59
T12 1位 安部 遥2'45"94
T13 1位 松本 光代2'39"53
 

ページトップ

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.