メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
大会イベント情報イメージ画像

大会・イベント 結果レポート

JBMAが主催、関連する大会やイベントの結果レポートを掲載しています。

ドバイ2019世界パラ陸上競技選手権大会:T11男子1500m決勝 リザルト

T11男子1500m決勝のリザルトとなります。
今年になり、T12クラスからT11クラスに変更となったブラジルのAGRIPINO選手が終始レースを引っ張り、そのまま押し切っての優勝。
2位には予選の走りから一辺したリオパラチャンピオンのケニアのKIMANI選手。3位にヨーロッパチャンピオンでポーランドのKOSSAKOWSKI選手となりました。
和田選手は4位と、メダルにはあと一歩及びませんでしたが、東京2020パラの参加枠を獲得。予選でマークした日本記録を再び更新する、見事な走りを見せてくれました。
唐澤選手は6位でしたが、予選の記録からタイムを縮め、一本だけではない、強さを身に付けつつあります。
 
決勝を走った6名全員、14日に行われる5000mでも再び顔を合わせます。
ドバイでの第2ラウンドを楽しみにお待ちください。
 
以下、リザルトとなります。順位、選手名、国名、記録、備考のみです。PDFはこちらからご確認ください。
1 AGRIPINO dos SANTOS Julio Cesar BRA 4:07.02
2 KIMANI Samwel Mushai KEN 4:08.47 SB
3 KOSSAKOWSKI Aleksander POL 4:08.71 PB
4 WADA Shinya JPN 4:11.42 PB
5 CASTRO REYES Darwin Gustavo ECU JAN 4:11.49 PB
6 KARASAWA Kenya JPN 4:17.72

ページトップ

東京2020パラリンピックバナー

大会イベント情報

キーワード検索

  • 伴走ガイドのバナー

トップ

トップ

JBMAマーク
JBMA
  • 〒113-0033
  • 東京都文京区本郷2丁目9番8号
    本郷朝風ビル5F
  • TEL&FAX 03-3814-3229
  • アクセスマップへリンク

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.