メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
めざせパラリンピックのイメージ画像

強化選手情報

強化選手の大会や合宿情報を掲載しています。

第68回別府大分毎日マラソン大会第19回日本視覚障がい男子マラソン選手権大会 :強化選手コメント

堀越信司 2:26:28 T12 アジア新、自己新
いつもご声援ありがとうございます。
今回は、優勝と自己ベスト更新を目標に取り組んできたので、目標を達成でき良かったです。また、レースに向けての準備や、レース内容についても色々と収穫があり、今後にうまく繋がる内容になったかと思います。
欲を言えば25分台を出したかったので、タイム的には少し悔しい部分もありますが、その悔しさをバネに今後も取り組みを続けていきたいと思います。
最後に、大会関係者の方や応援・サポートしてくださった全ての皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

熊谷豊 2:34:47 T12
沢山の応援の中で別府大分毎日マラソンを走らせていたたき感謝しています。
目標の2時間30分切りは出来ませんでしたが、2時間34分47秒でゴールすることができました。
IPC公認の部で2位になり良かった反面、タイムを少しでも縮められず学ぶことも増えました。
次の大会へ向けて頑張ります。ありがとうございました。

山下慎治 2:43:30 T12 自己新
今回、自己ベスト更新と3位でのゴールで、最低限の目標は達成できました。
しかし、30キロ以降上げていきたいところが、アップダウンや向かい風などで、上げきれず、42分カットの目標には届きませんでした。
引き続き、諦めずに一日一日の練習を大切にしてやっていきたいと思います。

唐澤剣也 2:52:36 T11 自己新
今回の別大は私にとって2回目のマラソン挑戦でした。
30キロまではしっかりペースを刻めてましたが、それ以降完全に脚が止まってしまい、苦しい走りとなりました。
苦しむ中、いつも応援してくださる皆さんのことやいつも練習に付き合ってくださる伴走者さんのことが頭に浮かんできました。こんなところで諦めちゃいけない、リタイアはできないと思わせてくれました。
沿道からの応援に背中を押してもらい一歩一歩足を進めなんとかゴールすることができました。
今回のレースは非常に悔しい結果でした。しっかりと自己分析をして次に生かしてリベンジしたいです。
最後に、大会出場にあたり支援してくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
次こそは皆様の期待に応えられるよう、日々の練習頑張って参ります。引き続き応援のほどよろしくお願いします。

米岡聡 2:52:56 T11
今回もたくさんの声援をいただきまして、ありがとうございます。
終盤失速し、当初の目標には届きませんでしたが、ガイドの二人をはじめ、たくさんの方に支えていただき、最後まで諦めずに走ることができました、ありがとうございました。
また、次のチャレンジに向けて、取り組んでいきますので、引き続きご声援のほど、何卒よろしくおねがいします。

画像1:自己記録を3分半も縮める走りを見せ男子3位となった山下選手と坂梨ガイド。


道下美里 3:07:34 T12
いつもあたたかい応援ありがとうございます。
今回は4月に開催される世界選手権の練習の位置づけで参戦しました。
練習ながらも2016年の出場の際、後半失速という苦い経験がある大会だったので、過去の苦手意識を克服し、気温変化にも柔軟に対応しながらラストは気持ちよく上げ一位で帰ってくることを目標に走りました。
序盤は集団で危険な場面もありましたが、最後まで気持ちを切らすことなく冷静に走ることができました。
たくさんの応援に力をいただきながらこれからも日々鍛錬していきたいと思います。
大会関係者の皆さまをはじめ、大会にご尽力いただきました皆さま、そして応援にかけつけていただいた皆さん本当にありがとうございました!

近藤寛子 3:15:29 T12 自己新
思い入れの深い別大のコースで自己ベストを更新する走りができました!
昨年末からレース直前まで、いろんなことが重なり、決して万全とはいえませんでしたが、不思議に焦りもなく、私らしく走ろう!と気持ちを合わせていくことができました!
激戦のレースではありましたが、おふたりのナイスガイドで落ち着いた自分のレースができたと思います。
気温が上がったのも私にはうれしかったです。ありがとうございました!

西島美保子 3:15:42 T12
風が吹き、後半雨になるという予報が外れコンディション的にも良かったと思います。
防府の時は体が冷え 給水のボトルを強く握れず、給水が十分にとれませんでしたが今回はすべてのところでうまく補給できました。
前半と後半のタイム差が1分38秒でおさまり、後半の大きな落ちがなく、うまく走れました。
久しぶりに3時間15分台を出せたことは、今後の励みになります。

青木洋子 3:17:19 T12
今回、自己ベスト更新を目指し、積極的に走りましたが、結果は届かず、次の課題となりました。
最後まで諦めずに走り切れたのは、一緒に走ってくれた伴走者のおかげです。
私たちは一人では走れませんので、一緒に走ってくれる人たちが必要です。支えてもらっていることに感謝します。
これからも頑張りますので、よろしくお願いします。
いつも応援してくれる職場のみなさん、家族、周りのみなさん、一緒に練習してくれるみなさん、、本当にありがとうございます。

藤井由美子 3:18:18 T12
防府マラソンが終わり、気力も体力もなかなか戻らず、この大会はコースに慣れるという目的でした。
しかし、5日前に「世界選手権の選考ともなる」と発表され、気持ちの動揺が、隠せませんでした。
しかし仲間の応援メールや励ましに、気持ちを切り替え、頑張りましたが、30キロを過ぎると足が棒のようになり、前に出すことが精一杯となってしまいました。
いろんな反省点はありますが、また次の機会に、生かしたいと思います。
伴走をして下さったお二人はもちろん。支えてくださった仲間の皆さんのおかげで走れることを改めて感じました。ありがとうございました。

西村千香 3:23:00 T12
今回は最初から攻めていくレースに挑みました。前半は設定通りのペースで走れていましたが30キロ過ぎからの落ち込みを立て直すことができませんでした。
前半ガイドの方には周りのランナーとの距離間や路面の状況を細かく伝えていただき安心して走れました。
後半ガイドの方には上り坂で苦しくなった時に励ましていただき気力で走りきれました。しかし課題もはっきりとわかりましたので今後の練習にもしっかり取り組んでいきたいと思います。
たくさん応援くださった皆様、沿道で声援を送ってくださった皆様、本当にありがとうございました。

井内菜津美 3:27:26 T11
今回はそれまでの練習をしっかりやりきることができていたので自信を持って走り出しました。
しかし、最初から思い描いたような動きができずリズムに乗れないままの走りになってしまい、それが30キロ以降の失速に繋がってしまいました。
このレースでは自分の精神的な弱さが出てしまったので、その辺りも含めてまたトレーニングして強くなりたいと感じました。

金野由美子 DNF T11
今回のレースでは3時間20分切りを目標に臨みましたが、結果は27キロでのリタイヤとなってしまいました。
年明けから故障の再発で、計画通りの調整ができなかったことで不安はありましたが、それ以上に、その不安を払拭するだけの心の強さが足りませんでした。
もっと体力とともに精神力を磨き、また次に向けて頑張りたいと思います。

画像2:女子で2位となり、相性の良い別大で自己記録を更新した近藤選手と川嶋ガイド。

ページトップ

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.