メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
めざせパラリンピックのイメージ画像

強化選手情報

強化選手の大会や合宿情報を掲載しています。

北海道マラソン2019 兼 東京2020パラリンピック視覚障がいマラソン代表推薦選手選考大会:強化選手コメント 女子

道下美里 T12 3:09:57
自身のコンディションを把握し設定したペースで走ることが目標のレースでした。
コロコロ変わる天候でペースを刻むのは難しいレースでしたが、アームカバーやかけ水などで体温調整をし想定どおりのタイムでかえってくることができました。
この経験を生かし次回のレースは自己記録更新をめざし走りたいと思います。
応援ありがとうございました!
 
西島美保子 T12 3:15:28
いつも暖かい声援ありがとうございます。
今回は暑さの中で走る絶好のチャンスでその中でどんな走りができるか試されるレースでした。
合宿にも積極的に参加して距離走を何度も行い 身体作りをしてきました。
そのおかげでお天気の変化もそれほど気にならず 後半の落ち込みも少なく思ったレースができました。
一人ではなかなか難しい練習も仲間の力を借りれば頑張れるということだと思います。
東京まで1年 ワンランク上を目指して頑張りたいと思います。

青木洋子 T12 3:17:52
北海道マラソン2019に出場し、3時間17分52秒でIPC登録女子3位という結果でした。
練習不足だったこともあり、悔しさはのこりますが、今回の反省を踏まえて、次のレースに向けて調整したいと思います。
今回、たくさんの方々に応援いただき、大変励みになりました。
会社、友人、家族、サポートしてくださる周りの方々に改めて感謝します。
本当にありがとうございました。
 
藤井由美子 T12 3:18:54
東京パラの内定がかかっているレースで緊張と不安でいっぱいでしたが、応援してくださった方々の一言一言を力に変え、走りきることができました。
内定を取ることはできませんでしたが、このレースの経験を活かし、次のレースに望みたいと思います。 
お世話になったスタッフの皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

金野由美子 T11 3:34:52
東京パラの選考レースである北海道マラソンに挑戦しました。
暑さを克服すべく、合宿にも積極的に参加し自分なりに練習をしてきたつもりですが、結果は惨敗に終わりました。
それでも、今回の記録はコースベストだったので、あきらめずここからまた積み上げ
次につなげていきたいです。
次は自己ベストを目指して頑張ります。

西村千香 T12 3:53:43
今回のレースは天候が目まぐるしく変わるという環境の中でうまく身体をコントロールできなかったところや気持ちの面など弱い自分が出たレース展開だった。
課題はたくさんありますので今後しっかりと取り組みつなげて日々の練習を積み重ねていきたいと思います。
たくさんの応援と 沿道でご声援くださった皆様本当にありがとうございました。
            
和木茉奈海 T12 3:59:21
前半は天候の変化が激しい中でのレースでしたが、目標にしてタイムを刻むことができました。
レース後半になると気温が上昇し、30キロ以降ペースが落ちてしまったことが悔しい部分ではありますが、これを今後の課題として、
30キロ以降ペースが落ちないような走り方(フォーム改善・持久力を伸ばす)などを目標とし今後は練習に励みたいと思います。
最後に沿道からたくさん声援を送ってくれた方、ありがとうございました。
また、どこかの練習会や大会などで見かけたときは気軽に声かけてください。
 
近藤寛子 T12 途中棄権 
次へ!!
乳がんの手術後、思うようにならないこともありながら、それでも自分の体を信じて向き合ってきた半年でしたが、足の痛みにより途中棄権という結果となってしまいました。
今回は、所属先からもたくさん応援に来てくれていたにもかかわらず、ご期待に沿えなかった悔しさと同時に、こんな私に一心にご支援くださる温かさに、わが身の幸せを感じて号泣。
仲間や家族の応援もあり、次へ!という気持ちがここで無理をせず途中棄権という結果となりました。
棄権してから全く歩けなくなってしまった私に、大会事務局の心温まるご配慮に感謝です。
ほんとうにありがとうございました。
今回のことをバネにして、ひとつひとつ着実に、私にとって相性のいい最終選考の地を目指します!!

井内菜津美 T11 途中棄権
今回の結果は22キロ地点での途中棄権というものになってしまいました。
レース前やレース中にたくさんの応援をいただきましたし、ここまで来るのにたくさんの方々のサポートがありましたのでとても悔しいです。
まずは今の結果を受け止め、できなかった点や課題を明確にして、次のレースで結果を残せるようにやっていきたいと思っています。
最後になりますが、北海道マラソンを支えてくださった皆さん、日々私を応援・サポートしてくださっている皆さんのおかげで大会に参加することができました。
ありがとうございました。

写真:女子優勝の道下美里選手と後半伴走の志田ガイド

ページトップ

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.