メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
めざせパラリンピック!イメージ写真

強化指定選手制度について

JBMAでは、記録を目指して頑張っているブラインドランナーが国際大会等で活躍できるよう強化選手制度を設けています。
一緒にパラリンピックを目指しましょう!

制度の目的

「強化選手制度」の目的は次のとおりです。

  1. 障がい者アスリートとしての誇りを持ち、パラリンピック等の国際大会でのメダル獲得を目指し競技力向上に専心できる有力選手を協会の「強化指定選手」に指名し、指定選手の強化を通して日本全体のレベル向上につなげる。
  2. 次世代選手を積極的に指定することで、「強化指定選手」との世代間交流を図り、合宿等の機会を通して、早期から効果的なトレーニング法や望ましい競技者生活習慣等の習得を図り、国際大会を目指す競技者としての動機づけにつなげる

強化指定選手指定期間

平成29年(2017年)4月1日~平成30年(2018年)3月31日

指定基準

強化選手となる認定には以下の基準を設けています。

  1. JBMAの会員であり、IPC登録をしていること。
  2. 過去2年間(2013年4月1日以降)に開催された国際大会及び各種大会において次の成績及び記録を収めた選手。

※特に指定のない場合、マラソンでの成績及び記録。

◆A指定選手

期間内の国際大会にてメダルを獲得した選手

  • 男子クラス共通:2時間24分59秒以内
  • 女子クラス共通:2時間59分59秒以内

◆B指定選手

  • 男子T11&T12クラス:2時間55分59秒以内
  • 男子T13クラス:2時間45分59秒以内
  • 女子クラス共通:3時間14分59秒以内
  • 男女共通期間内の国際大会にトラック種目(800m~10000m)のいずれかに出場した選手

◆C指定選手

  • 男子クラス共通:2時間59分59秒以内
  • 男子T11&T12クラス:1万m(10k)37分以内、T13クラス36分以内
  • 女子女子クラス共通:3時間29分59秒以内、1500m5分30秒以内

◆D指定選手:23歳未満の選手(ジュニア指定)

  • 男子クラス共通:5千m19分以内もしくは1万m39分以内
  • 女子クラス共通:1500m5分59秒以内もしくは5千m21分以内
  • ※マラソンとトラックは日本陸連公認大会での記録も参考とする。
  • ※10kロードは未公認大会の記録も参考とする。

指定選手の決定

  1. 強化指定選手は選手強化担当が推薦し、強化委員会で認定する。
  2. 強化指定選手の認定にあたっては、選手に意思確認を行う。

強化指定選手の遵守事項

  1. 強化合宿への参加(年間2/3回程度の参加)。
  2. 各種大会出場の際は、大会1カ月前までに参加する大会及び種目、大会終了後は、速やかに記録及び成績をJBMA事務局へ報告する(未公認大会も含む)。
  3. JPCが定めるメディカルチェック、フィットネスチェックを履行すること。

その他

  1. 強化指定の基準については、原則1年毎に見直し、都度強化委員会で承認する。
  2. 強化指定選手の昇格及び降格等については、1年毎に見直し、都度強化委員会で認定する。
  • 注1) パラリンピックでのマラソン実施クラス(T12)を基準にし、T11&T12とT13に区分する。
  • 注2)上記文中の国際大会とはパラリンピック、世界選手権とする。
  • 注3)上記文中の強化委員会とは、JBMAの理事会が承認した強化委員会とする。

ページトップ

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.