メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
めざせパラリンピックのイメージ画像

強化選手情報

強化選手の大会や合宿情報を掲載しています。

リオ2016パラリンピック 近藤 寛子選手インタビュー

近藤選手写真
– パラリンピック出場が決まっての率直なお気持ちを教えてください
近藤2年前に主人を亡くすなど、私自身いままで色々なことがあったあとに女子マラソンが正式種目に決まって、協会の方はじめ伴走者のみなさんや仲間のみなさんにたくさん支えていただいて私もリオに行きたいと夢をもってきました。その夢が叶ってマラソンを続けてきて本当によかった、諦めなくてよかったと思いました。
– 周りで支えてくださった方から何か言葉はありましたか
近藤亡くなった主人はもともと旅行が好きな人だったのですが、私が競技を始めてからあまり旅行にも連れて行ってあげられない状況の中で、家族をリオに連れて行ってくれたらいいよと普段の会話の中で伝えてくれていたので、そういう何気ない会話ですが家族の思いを果たせてことはよかったなと思いました。
– 何か暑さ対策はされていますか
近藤私は滋賀県に住んでいて練習も琵琶湖などですることが多いのですが、そのあたりは最近では40度くらいまで上がるんです。なので真夏に普段は走らないところも根性出して走っています。この暑さの中走れたということを自信に、リオでも走りたいと思います。
– リオで楽しみなことはありますか
近藤私は本当によく食べるし、食べるのが大好きなので各国の料理を楽しみにしています。
– 女子マラソンは今大会から正式種目となりましたが、周りからの期待やプレッシャーを感じることはありますか
近藤普段の生活や練習を本番まで大切にしていけば、いままでやってきたことが自信になると思うので、やってきたことを信じていくことがプレッシャーを良い方向、やる気に変えていくために必要だと思います。あとは支えてくれる人、期待してくれる人がたくさんいることを大きな力にして、頑張りたいなと思っています。
– 現在の調子はいかがですか
近藤7月末から体調が少し悪くて練習がうまくいかず。そこで少し焦りや不安が出てきましたが、ここからの一か月で本番に万全な状態で臨むためにはどうすればいいかをもう一度見つめなおして、これから過ごしていきたいと思います。
– パラリンピックでの目標を教えてください
近藤協会からも全員が入賞(を目指す)と言われているので、やはり入賞、願わくばメダルを狙います。ゴールは笑顔でしたいと思います!

他のリオ代表選手のインタビューを読む

リオパラリンピック競技日程はこちら

ページトップ

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.