メニューを飛ばして本文にジャンプ

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 標準の文字サイズにする
  • 文字サイズを大きくする
めざせパラリンピックのイメージ画像

強化選手情報

強化選手の大会や合宿情報を掲載しています。

リオ2016パラリンピック 和田 伸也 選手インタビュー

和田選手写真
– パラリンピック出場が決まっての率直なお気持ちを教えてください
和田二回目なので前回の経験を生かして、前回以上の結果を出すために頑張りたいなと身が引き締まる思いです。
– 出場が決まって、周りの方々から何かお言葉はありましたか
和田私は京都の鴨川パートナーズというブラインドのチームに所属しているのですが、ロンドンパラリンピック以降その応援の輪がだいぶ大きくなってきています。二大会連続出場が決まったということで、この前も壮行会を開いてもらって応援してもらいました。期待が大きいなと思います。
– プレッシャーを感じる部分もありますか
和田そうですね。みんなメダルを期待してくれていますけども、それを良い意味でプラスに変えて自分が頑張る原動力にしていけたらなと思っています。
– もともとはトラック競技をやられていたのですか
和田それよりも前はマラソンをやっていました。マラソンをやっていて、2009年に盲人マラソン協会の強化指定選手に指名していただいてそこからトラック競技を始めました。その後の2010年のアジア大会では800メートル、1500メートル、5000メートルで三冠を達成することができました。
– トラック競技の練習がマラソンに生きてくることもありますか
和田ありますね。特に5000メートルの力をしっかり上げることはマラソンにつながります。ロンドンも今回もそうですが、マラソンはT12という弱視クラスに私たちのようなT11の全盲クラスの選手が食い込んでいかないといけないので、T11だけで開催されるトラック競技とは違って非常に不利な種目に取り組む上でもトラックの練習は生きていると思います。
– 暑さ対策は何かされていますか
和田暑いのは好きな方で、それほどコンディションを崩さずトレーニングできる方なので、暑さに弱い選手を食っていければと思います。
– 現在の調子はいかがですか
和田協会の合宿をたくさんやっていただいているお陰で良いトレーニングを積めています。地元でもしっかりトレーニングできているので、本番に向けてピークを合わせていけるのではないかなと思います。
– リオで何か楽しみなことはありますか
和田T11クラスの5000メートルのレースが初日でマラソンが最終日なので、大会を通じて良い緊張感の中レースが楽しめるなと思いますし、選手村での食事なども楽しみにしています。
– パラリンピックでの目標を教えてください
和田ロンドンでは5000メートルで銅メダルを獲ったので、それ以上の結果を目指して頑張りたいなと思います。

他のリオ代表選手のインタビューを読む

リオパラリンピック競技日程はこちら

ページトップ

Copyright © Japan Blind Marathon Association. All Rights Reserved.